静岡市民ギャラリー「静岡茶、世界へ〜家康からオリンピックまで〜」

20210203-2021_01_29.jpg

静岡茶、世界へ〜家康からオリンピックまで〜

2021年に開催が予定されている東京オリンピック・パラリンピックでは、
静岡県内で自転車競技が開催されます。

実は、静岡と自転車とお茶との間には、それぞれ深いつながりがありました。
静岡茶は、近代に入ると海外へ輸出され、世界的なブランドとなっていきます。
それを支えたのは、巴川の河口に栄えた近世の清水湊と、近代に国際貿易港として整備された清水港でした。
また、大正期から昭和30年代には、茶の見本缶を持った斡旋業者(才取り)が
静岡市内の茶問屋街を自転車で疾走し、初夏の風物詩となっていました。

今回の企画展「静岡茶、世界へ〜家康からオリンピックまで〜」は、
清水港から輸出され「世界のブランド」となった静岡茶の歴史を中心に、
家康の時代から現代までの駿府(静岡)と世界とのつながりを紹介しているそうです。

感染予防をしっかりした上で、少人数でお越しください。


【日程】2月20日(土)~3月14日(日)10:00~17:30※入場は17:10まで
【会場】静岡市民ギャラリー 第1・第3展示室


▼詳細はこちら
https://www.visit-shizuoka.com/

▼空室状況はこちら
http://www7.489ban.net/v4/client/plan/roomcalender/customer/abant

静岡県立美術館「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」のご案内

20210114-2021_01_09.jpg

ムーミンのアートと物語の魅力を体感

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。
本展は、「ムーミン」シリーズの多彩なアートと奥深い物語の魅力を
約500点のムーミンの展示品で体感できる展覧会です。

フィンランド・タンペレ市にある世界で唯一の「ムーミン美術館」所蔵の作品や、
トーベが最後まで手元に残しておいた貴重なコレクションも紹介されます。

また、会期中には学芸員によるスライドトークや館長美術講座なども計画されています。
※新型コロナウイルス感染症拡大状況により、各種イベントは内容や定員の変更
 あるいは中止になる可能性もあります。

みなさま、感染対策の上混雑を避けてご来場くださいませ。


[期間]2021年1月23日(土)~3月14日(日)
[時間]10:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
[会場]静岡県立美術館


▼詳細はこちら
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/69

▼空室状況はこちら
http://www7.489ban.net/v4/client/plan/roomcalender/customer/abant
«Prev || 1 || Next»

お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:054-273-1717

  • アクセス
  • よくあるご質問

お問い合わせ

プラン一覧

Page Top